雨漏り修理の後は畳にできたカビを自分で対処できるか知ろう

畳を交換せずに対処するには?

雨漏りにより部屋にある畳が濡れてしまうと、状態がひどい場合には交換しないといけません。しかし状態が軽度の場合には自分で対処してもとに戻すことができます。雨漏りで濡れた畳がどのような状態なのか確認して対処しましょう。

畳のカビ

いきなりの掃除機や水拭きはしない!

畳のカビを水拭きした場合、目に見えるカビはなくなります。しかし雑巾に含まれた水分を畳が吸い、畳の奥に残っているカビの環境が良くなり、再発生してしまいます。そして、掃除機は吸い込んだカビが排気口から出ていき空気中に舞います。それが原因で壁や天井などにもカビを増やす原因になります。

軽度:エタノールor酢

畳に発生したカビが軽度であればエタノールや酢で対処することができます。エタノールで落とす場合には、直接カビ部分にエタノールをスプレーし、乾いた布で拭き取ります。酢の場合には、酢:水=1:2で薄めてカビに直接スプレーして硬く絞った布で拭き取ります。どちらも拭いた後は喚起をしてよく乾かしましょう。

重度:重曹+酸素性漂白剤ペースト

畳のカビが重度の場合でも、自分で対処することができます。それは、重層と酸素性漂白剤を1:1で混ぜ水を加えてペーストを作ります。それをカビ部分にだけ塗って濡らしたタオルで拭きとります。仕上げに乾いたタオルで拭きとり乾燥させます。

畳のシミ抜き

レベル1:お茶などの液体とインクのシミ
インクのシミはすぐに拭き取り牛乳を含ませた布で拭き取ります。その後水拭きと乾拭きを繰り返し、乾燥させます。お茶などの液体の場合には、すぐにタオルなどで拭きとり食塩をかけて歯ブラシで磨きます。磨いたら掃除機をかけて、色が残っていれば漂白剤を付けて絞った布で拭き、水拭き乾拭きを繰り返し乾燥させます。
レベル2:時間経過したシミ落とし
シミ取り剤を使用した場合は、タオルにシミ取り剤をつけ、シミ部分を叩きますその後に絞ったタオルでたたくように拭きます。他の方法では、割りばしや棒に巻いたタオルにオキシドールをつけて叩くように付けます。その後硬く絞った雑巾で拭き取ります。

TOPボタン