雨漏り調査で分かった原因により雨漏り修理の方法は違います

雨漏り被害の発生場所と修理内容

雨漏り被害箇所

雨漏りが一番起こる場所は屋根です。しかしその他にも壁や屋上、ベランダどもあります。その原因としては、建物の経年劣化によるものや強風や地震などの災害、リフォームによる施工不良などが原因の雨漏りもあります。雨漏りが起きた場合には、その雨漏りの原因となっている屋根の破損部分から天井までの建材はたくさんの雨水を吸ってしまい腐敗が始まっている可能性が高いです。そうなると建物自体が弱ってしまい震災などに耐え切れない建物になってしまいます。

主な修理と費用相場

棟板金

棟板金の修理方法は、まず棟板金とその下にあるヌキ板を外し、雨漏りの原因となる釘穴に防水コーキングをします。そして新しいヌキ板と棟板金を取り付け、つなぎ目から雨水が入ってこないように防水コーキングを塗ったら終了です。この作業の相場は約30万円~100万円です。

スレート

ストレート修理方法は、まずヒビの入ったスレーターズを取り外します。次に下地をきれいにして接着コーキングを塗りストレートを取り付けます。その後接着を高めるためにシーラートというものを塗り、他の部分と同じような色を塗装します。このストレート修理の費用は、1枚で約1万円~2万円です。

瓦が割れたままだと、その割れた部分から雨水が入ってきて雨漏りの原因となります。瓦が破損した場合の部分的な修理方法は、まず破損した瓦をきれいに取り外します。その後新しい瓦を取り付けて防水コーキングを施します。こちらの相場は、1枚で約1万円~2万円です。

谷樋

谷樋の傷や穴が原因で雨漏りした場合の修理方法は、まず谷樋の周りにあるストレートと谷樋を外します。そして新しい谷樋を取り付けその後にストレートも元通りに取り付けます。この修理の相場は、約20万円~80万円です。

TOPボタン